ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

ジャパンカップ2017 人気の盲点

キタサンブラックレイデオロサトノクラウンが当然の上位人気。これらの馬の死角をあえて探してみる。

キタサンブラック

実績は言わずもがなだが、現状の1番の目的は「ジャパンカップに勝つこと」よりも「無事に種牡馬入りすること」だろう。極悪馬場の天皇賞秋で激走したダメージはなかった、との厩舎コメントだが、この中間はソフトな仕上げ。前走の疲れがどうあれ、もうメイチに仕上げることもないだろう。まぁそれでも勝ってしまうかもしれないが。

しかし馬券的には1番人気のソフト調教馬を軸にするのはナンセンスではないだろうか。

レイデオロ

本来1枠2番は絶好枠なのだが、今回の枠の並びだと、むしろマイナスに働く可能性が高い。すぐ外にキタサンブラック、ギニョールと前につけるであろう馬がいて、最内枠のシュヴァルグランキタサンブラックの後ろをつける作戦を公言している。つまり、両サイドを先行馬で囲まれているのだ。

レースはおそらくキタサンブラックの逃げで、スローペースで進むだろう。その展開で中段馬群の内側で包まれると、にっちもさっちもいかなくなってしまう可能性がある。

サトノクラウン

古馬になってからの良績は、時計のかかる馬場でのレースに集中している。東京の良馬場ではキレ負けするだろう。それでも今のデムーロならなんとかしてしまうかもしれないが・・・

ということで、どの馬もなんらかの不安要素があり、リスクとリターンが見合っていないと判断し、他の馬から本命を選びたい。

 

GI実績があり、人気を落としている馬

が本命候補になるが、人気の盲点という意味では、

◉1.シュヴァルグラン

が1番よいのではないだろうか。去年の3着でコース適性の高さは証明済み。逃げるキタサンブラックの後ろにうまくつけられれば、1発があってもおかしくない。