ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【チャレンジカップ2017】ブレスジャーニーが人気だと?これはチャンスか?

ワタクシが競馬を本格的にやり始めたのが2011年頃なのだが、なんかこのレースは条件が変わりまくってる気がするなー。

今年は阪神芝2000mの内回り戦ということで、瞬発力よりかは持久力が問われることになりそうだ。

オッズ構成を見ると、ブレスジャーニーが上位人気に推されている。

ん?これはひょっとすると儲けるチャンスなのでは?

確かに2歳時はスワーヴリチャードを抑えて東スポ2歳Sを制するなど重賞を2連勝したが、それも今は昔の話。

骨折明け初戦は沼馬場の菊花賞で、どの程度まで走力が回復していたのか、あるいは成長力はどの程度のものなのか、おおよそ未知数。

ということで、上位人気に推されている今回はブレスジャーニーは軽視でよいと思う。

レース後、「ブレスジャーニーとはなんだったのか」なんてことになるような予感。

 

ではどの馬から馬券を組み立てるべきか。

◎9.マイネルミラノ

前走から2kg減の56kgで出走できるのが大きい。

それに開幕週の内回り戦なら、前々で勝負できるこの馬にとってはプラスに働くはず。

中2週で関西圏への輸送は気がかりだが、そのリスクとリターン(オッズ)は見合ったものになっていると判断する。

相手は、ジョルジュサンクプリメラアスールサトノクロニクルモンドインテロ、抑え程度でブレスジャーニーデニムアンドルビー