ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【中日新聞杯2017】中京巧者の可能性

手堅くいくならミッキーロケット1拓だろう。このメンバーならトップハンデを背負っても十分勝ち負けになるだけの能力は持っているだろうし、冬の中京開催に強いキングカメハメハ産駒なのも追い風。

【参考】キングカメハメハ産駒
2.スズカデヴィアス
10.ミッキーロケット
11.マキシマムドパリ
16.クィーンチャーム

ただし、スズカデヴィアスはジョッキーの乗り替わりと斤量の恩恵が薄れたことが微妙。マキシマムドパリは男馬相手のレースではパッとしない。クィーンチャームは何を隠そうペルシアンナイトの姉貴なのだが、この姉貴は今回が重賞初挑戦。軽ハンデとはいえ、さすがにつらいか。

ということで、ミッキーロケットを本命にします!・・・でもよいのだが、テーマは「人気の盲点」である。今回も人気の盲点に入っていそうな人気薄から本命を選びたい。

◎6.フェルメッツァ

今回が叩き2走目。重賞もこれで4回目だが、

1回目七夕賞・・・5着(+0.4秒差)
2回目小倉記念・・・3着(+0.5秒差)
3回目福島記念・・・6着(+0.2秒差)

と、GIIIで走った3走は安定感があり、1着との着差もそれほどない。重賞のペースにもそろそろ慣れてくる頃だろう。

兄貴は中京巧者のフラガラッハ、ディープxトニービンの配合は中日新聞杯金鯱賞で滅法強いサトノノブレスを彷彿させる。

そう考えると、フェルメッツァが中京巧者の可能性って結構高いんじゃないか?

(・・・あぁ、そういえばサトノノブレスは出走してこなかったな。サトノダイヤモンドのラビット失敗後、どうしているんだろうか)

ともかく、人気にならない今回がフェルメッツァの旬で、よい収穫時ではないだろうか。