ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

有馬記念2017 予想

◎7.シャケトラ

今年の日経賞1着、宝塚記念4着の実績から、小回り適性が高いと推測する。この秋は天皇賞秋15着、ジャパンカップ11着とボロ負け中だが、どちらも大箱東京競馬場でのもの。小回り適性が高い=東京競馬場に適性がないと考えれば、中山2500mの舞台で巻き返しがあってもおかしくない。

◯8.レインボーライン

中山芝2500mといえばステイゴールド産駒。前日のグレイトフルS(中山芝2500m)でも、1~3着までステイゴールド産駒が独占。今年の有馬記念出走馬でステイゴールド産駒はレインボーラインだけ。

▲1.ヤマカツエース

去年の有馬記念4着。敗れたサトノダイヤモンドゴールドアクターが今年はいないので、順列でいえばヤマカツエースキタサンブラックの次、ということになる。去年同様内枠をひけたのも大きい。

 

上記3頭とキタサンブラックを絡めた馬券を買いたい。1,2,8,9の馬連BOX、ワイドBOXがメイン。キタサンブラックが馬券外に飛ぶとは考えにくいので、夢は買わずに現実路線でいこうと思う。