ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【愛知杯2017 予想】単勝18番人気にも勝機はあるレース

今年の愛知杯は難しすぎる。実に難しい・・・。
手元の東スポでは、予想無印の馬が1頭もいない。
単勝最低人気になるであろうクィーンチャームにさえも印がまわっている。
つまり、それくらい混戦なのだ。
どの馬が馬券になってもおかしくない状況。

そのクィーンチャームは、マイルCS覇者のペルシアンナイトの姉であり、牡馬混合の条件戦を勝ち上がってきた、根性のある女である。
前走の中日新聞杯が初重賞だったわけだが、12着に惨敗したものの0.8秒差。
中京2000mに強いキングカメハメハ産駒であることを考えれば、牝馬限定のハンデ戦ならなんとかなるかもしれない。

・・・と、いうように単勝18番人気の馬にですら、チャンスがあるように見えるのだ。うーん。

こういうレースでは「目をつぶってデムーロがセオリーだが(勝手にそう思っている)、デムーロ騎乗のタニノアーバンシーはなんと単勝1~2番人気になりそうな勢い。
おいおいおい、タニノアーバンシーはまだ1600万条件の馬だぞ?
これはデムーロ効果による過剰人気だと判断する。タニノアーバンシーは本命にできない。

実績でいえばマキシマムドパリが大本命だろう。
ただ、年が明けて6歳になったことと、トップハンデ56kgを背負っていることが少々気になるところではある。
人気にもなっているし、馬券的には面白みに欠ける。

さて、どうしよう。
…と馬柱をながめていると、人気の盲点になっている馬を見つけた。
クインズミラーグロである。
去年は愛知杯3着を皮切りに、中山牝馬3着→福島牝馬3着→マーメイドステークス2着→クイーンステークス3着と、牝馬限定重賞で連続で馬券になった。
大箱の東京、京都で2ケタ着順に崩れたが、早い上りを求められないであろう中京コースに戻れば巻き返す余地はあるとみる。

相手はマキシマムドパリ、キンショーユキヒメ、エテルナミノルの3頭。
◎12.クインズミラーグロ
〇7.マキシマムドパリ
▲9.キンショーユキヒメ
★10.エテルナミノル


ワイド◎=〇▲★と、3連複◎=〇▲★=総流しで、何が来てもよいように構えておきたい。