ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【オーシャンS 2018 予想】波乱傾向の理由

オーシャンS。去年こそ硬く収まったが、比較的波乱決着度の高い重賞レースである。春競馬を楽しむための資金調達として、ここは1発を狙ってみたい。

そもそも、なぜ波乱が起こるのか。というと、答えは超簡単で、人気馬がコケるからである。ではどんな馬が人気になってコケるか、といえば、芝1200mや芝1400mの重賞実績のある馬である。裏返せば、芝短距離の重賞実績がない馬、重賞だと走力負けしてしまう馬が馬券になる、ということだろう。

ということで、本命は3.アルティマブラッドにしてみる。

f:id:Taguchi_Derby:20180303120350p:plain

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104128/ より。

シンボリクリスエス、母父フジキセキ、母母父トニービンという血統構成で、オーシャンSにはぴったりの鈍足スタミナ血統である。去年夏の芝1200m重賞(=走力勝負)で負け続けたことがそれを裏付ける。中山は<3-1-1-0>でコース相性抜群。フレグモーネ明けというのだけが気になるが、6番人気なら目をつぶれるだろう。

相手は、こちらもコース相性抜群のナックビーナス、1600mからの距離短縮+斤量減になるリエノテソーロ、10歳にして衰え知らず(?)のスノードラゴン