ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【フラワーカップ2018、ファルコンS2018】予想

フラワーカップ

◎4.ロックディスタウン

なんのひねりもない予想だが、ロックディスタウンから入るのが得策だと判断する。というか、ロックディスタウン以上に中山で走りそうな馬がいないのだ。

ロックディスタウンはオルフェーヴル産駒で、つまりは中山適性の高いステイゴールド産駒系列。言わずもがな、有馬記念2回制覇のオルフェーヴルも中山適性は高かった。

札幌2歳Sで牡馬を蹴散らした強さは、同じく小回りコースで、力のいる中山競馬場で遺憾無く発揮されること、間違いなし!

ちなみに、「力のいるコース」という意味で、穴馬は大型馬かと考えたが、今回は該当馬なしと判断する。

ファルコンステークス

◎15.タイセイプライド

無難にいくなら、ダノンスマッシュやテンクウ、フロンティアあたりを本命にすべきところだが、当ブログのテーマは「人気の盲点」である。人気の盲点という意味では、タイセイプライドこそ本命にふさわしい人気の盲点馬ではないだろうか。

タイセイプライドはここまで【3-0-0-1/4】の戦績で、出走メンバー中唯一の3勝馬。前々走の京王杯2歳Sではタワーオブロンドンから0.9秒差の8着に敗れたが、あのレースは東京コースにありがちな、スローペースからの上がり勝負という展開だった。今回は同じ左回りといえど、上がり勝負にはならないと予想する。そうなれば、この馬に出番が回ってきてもそうおかしくない。

相手は、同じヨハネスブルグ産駒のテンクウが1番手。以下、フロンティア、ダノンスマッシュ、ミスターメロティ。

ファルコンステークスは荒れる重賞なので、3連複のヒモは総流しにするべきだろう。