ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【高松宮記念2018】予想

ここ数年の高松宮記念は、不良馬場であったり超高速馬場であったりと、毎年毎年、極端な馬場状態でのレースが続いています。

マリオカートでいえば、「マリオサーキット」というレース名なのにも関わらず、毎回毎回コース設定が異なり、クッパが最強キャラの場合もあればピーチが最強キャラの場合もある、といったところでしょうか(実際のマリオカートも、そういう設定の方が面白いんじゃないか?キノピオハイウェイ[不良]とか)。

ということで、近年のマリオサーキット…じゃなくて高松宮記念のレース傾向は掴めない、というのが正解で、最近の中京コースのトレンド血統や、各馬の純粋な能力比較で予想を組み立てるのがセオリーです。

中京の今開催の芝1200mのトレンド血統はダンチヒでしょう。今開催の中京芝1200mって3レースしか番組がなかったんですよ。それで、

この成績ですから、ダンチヒの波が来てると判断します。しかも昨日の12Rでもダンチヒの血を持つ馬が1着に来ているわけですから、まだ波は収まっておらず、この波に乗らない手はないでしょう。

今年の高松宮記念出走メンバーで、ダンチヒ系の血が入っているのは、

の2頭。実績を鑑みて、リザードを本命にします。去年のスプリンターズSではレッドファルクスから0.2秒差の5着。レース中の有利不利が結果に直結しやすい1200m戦ですから、0.2秒差は十分に逆転可能な着差。にも関わらず、単勝オッズはレッドファルクスの6倍程度で推移しており、これは妙味ありかと。

分かりますよ、香港の馬で情報が少なくて、しかも長距離輸送があるから人気になりにくいんですよね。こういう場合も「人気の盲点」に入っちゃうんですよね。そこが狙い目です。

ちなみに、人気の盲点馬第2位はキングハートでしょうね。前走オーシャンS1着にも関わらず、空気のような存在になっちゃっていますから。

◎3.ブリザード
◯6.レッドファルクス
▲17.キングハート
△8.レッツゴードンキ
△9.ファインニードル
△11.ダンスディレクター
△13.レーヌミノル