ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【大阪杯2018】予想。

阪神芝2000mは小回り・急坂のコース。コース特徴でいえば、中山の芝1800mや芝2000mと同じ。ということで、皐月賞馬のアルアインを本命にします。

 

アルアインはゲートが早く、先行できるのが強み。ディープ産駒は大阪杯と相性が良く、去年のステファノスをはじめ、アンビシャス、ショウナンパンドラキズナラキシスと連対馬を出しています。また、ドバイワールドカップの影響によるジョッキー乗り替わりが多いなか、川田が連続で乗ることもプラスに働くと思います。

 

対抗はウインブライト。今回が関西圏での初めてのレースですが、中山巧者なので阪神の内回りも合うはず、というロジックです。重賞で連続好走しているのにも関わらずこの人気なら積極的に買ってみたいです。

 

3番手評価はミッキースワロー。父ディープブリランテは言わずもがなのディープ産駒なので、大阪杯とは相性が良さそう。また母父ジャングルポケットを経由していることから、いかにも小回り向きの血統構成。

 

4番手評価はペルシアンナイト皐月賞ではアルアインの2着だったので、アルアインを評価するからこの馬も評価すべきでしょう。ただし、皐月賞はジョッキーの高判断で2着に来たレースなので、アルアインほど高評価はできない、という見解です。

 

1番人気サトノダイヤモンドはジョッキーが不調過ぎて(実力?)、軸として買う気が起こりません。中途半端に下げてウチで詰まる姿が容易に想像できますからね。△評価とします。

 

スワーヴリチャードは苦手の左回りで外枠。今回は△評価くらいが妥当でしょうか。というか秋の東京開催まで適鞍がないような気もしますが・・・。

 

シュヴァルグランは今回は消しでよいと思います。実績があるのは芝2400m以上のレース。阪神芝2200mの宝塚記念で2年連続凡走しており、さらに距離が短い大阪杯で馬券になるのは難しいでしょう。三浦皇成を乗せてることからも、陣営の本気度合いが見え透いていますね。

 

◎8.アルアイン
◯11.ウインブライト
▲1.ミッキースワロー
△5.ペルシアンナイト
△2.サトノダイヤモンド
△9.トリオンフ
△14.タンビュライト
△15.スワーヴリチャード

印はこんな感じです。サトノダイヤモンドとスワーヴリチャードが4着以下に落ちてくれると高配当が見込めそうです。