ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【NHKマイル 2018】東京マイルは約束の地

ゴールデンウィークですが、いかがお過ごしでしょうか?ワタクシめは京都に天皇賞を観戦しに行ったくらいで、あとは特に何もせずに過ごしました。ゴールデンウィークの過ごし方はここ何年かは変わりません。そしてこれも毎年のことなのですが、ゴールデンウィーク最終日といえばNHKマイルカップ。ここで稼いで大型連休の締めといきたいところです。

NHKマイル過去傾向

過去5年のNHKマイルの馬連平均配当が11,536円、3連複平均配当が78,780円で、波乱傾向の強いGIです。この波乱を呼んでいるものは間違いなくヴァイズリージェント系、ストームバード系のいわゆる米国型ノーザンダンサーの血統でしょう。過去5年に絞っても、

と、馬券になった15頭中、9頭が該当。2桁人気の馬も複数回馬券になっており、波乱を演出しています。これだけの該当馬が馬券になっているのですから、当然今年もヴァイスリージェント系・ストームバード系を中心に馬券を構成すべきでしょう。

ちなみにサンデー系の血統では、過去5年でダイワメジャーが3頭馬券になったことと、ディープ産駒はミッキーアイルしか馬券になっていないことでしょうか。

ヴァイスリージェント系やストームバード系がバンバン馬券になり、ディープ産駒が馬券になりづらいということは、それだけダート的なスピード要求値が高いレースになりやすいということなのでしょうね。

2018年傾向該当馬

ヴァイスリージェント系・ストームバード系

ダイワメジャー産駒

  • 4.フロンティア

△ディープ産駒

  • 1.カツジ
  • 5.プリモシーン
  • 9.ギベオン
  • 11.ケイアイノーテック
  • 12.アンコールプリュ

予想の結論

◎10.パクスアメリカーナを本命にします。父クロフネヴァイスリージェント系なわけですが、そもそもクロフネ産駒は過去5年のNHKマイルで3頭が連対していて、このレースと相性抜群なのです。また、パクスアメリカーナの全姉は東京マイル重賞3勝のホエールキャプチャーなので、この馬も東京コースで好走する可能性が高いと判断します。懸念点は前走から中2週での出走であることなのですが、同じく中2週での出走となる前走皐月賞組がNHKマイルで馬券になる例が複数あることから、目をつぶります。

対抗は◯16.ミスターメロディ。父も母父も血統傾向に該当。前走初芝だったファルコンSで勝利し、芝コースではまだ底を見せていません。またこの枠でしたら馬群をさばく必要がなく、この鞍上でもさすがにつまることはないでしょう。

3番手は▲3.リョーノテソーロ。父ストームバード系で血統傾向に該当。現在単勝12番人気ですが、このような馬がつっこんできて波乱決着になるのがNHKマイルの歴史ですので、人気にとらわれず積極的に狙っていきたいところです。

以下、8.タワーオブロンドン、9.ギベオン、14.デルタバローズを高評価とします。

馬券は10-16のワイドを本線に組み立てようと思います。