ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【オールカマー2018】終わった馬と見せかけて

新潟開催だった2014年をのぞく、過去5年のオールカマー成績は以下のとおり。

f:id:Noburo:20180923064039p:plain

※スマホの方、見づらくてすみません。

このデータから考察するに、

  • 内枠有利
  • 1番人気の複勝率100%
  • ディープ産駒が毎年1頭は馬券になる
  • ミスプロ系血統不利
  • GIでの実績上位馬が好走しやすい(GI格が必要)

と、このあたりがオールカマーの傾向といえると思う。なので、普通の人は1番人気になるであろうレイデオロか、内枠のアルアインまたはダンビュライトを本命にするべきレースだ。

しかし、ここはダークホース研究所。まぎれの起きやすい中山だからこそ思い切った予想をすべきだろう。

 

本命には思い切って◎8.ゴールドアクターを推す。新聞の馬柱から消えつつあるが、2015年の有馬記念優勝馬で、GI格をクリア。そもそも今年のオールカマーでGIを勝っているのはアルアイン、レイデオロとゴールドアクターしかいない。

オールカマーは先週のセントライト記念と同じく芝2200mで、先週のセントライト記念はスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノが勝った。今回のオールカマー出走馬でスクリーンヒーロー産駒はゴールドアクターただ1頭。馬場は違えど、走る下地は揃っている・・・というか、そもそもゴールドアクター自体2016年のこのレースを勝っているのでコース適性は疑うべくもない。

問題は馬の調子なのだが、まぁこればかりはちょっと予想のしようがない。ただ、前走の大阪杯では馬体重が472kgまで落ちてしまっていた。今回490kg~500kgまで回復していないと、さすがに買うには値しないと思うので、そのときは購入は見送る。

本来の姿は中山巧者<4-2-2-1>で、かつ休み明け巧者<5-0-0-2>なので、復調さえ叶えば人気上位勢といい勝負になると期待する。

相手は7.レイデオロ2.ダンビュライト3.ガンコ11.エアアンセム1.アルアイン9.ミライヘノツバサ