ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【秋華賞2018 振り返り】最強の3冠馬 アーモンドアイ

f:id:Noburo:20181014174459p:plain

【着順】
1着アーモンドアイ(1番人気)
2着ミッキーチャーム(5番人気)
3着カンタービレ(3番人気)

【ラップ】
12.1 - 10.9 - 12.7 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 11.8 - 11.5 - 11.8 - 11.9
前半3F:35.7秒
後半3F:35.2秒
Diff:0.5秒 ミドルペース

【考察】
先行争いがそれほど激化せず、ミッキーチャームの淡々とした逃げになった。

サヤカチャンあたりが絡んでいって、例年の秋華賞的なペースになると思っていたが、そのヨミははずれ。

f:id:Noburo:20181014180440p:plain

4コーナーの上位入線馬の位置どりを見るに、先行馬/後方待機馬や内枠/外枠に有利不利はなかったようだ。

そうなってくると、実力馬が実力をそのまま発揮することになる。

 

アーモンドアイは道中も外外をまわして、4コーナーでは大外回しと、かなりの距離損がありながら33.6秒の末脚(メンバー中最速)で圧勝。

非常に強い競馬だった。

ケチのつけようがない。

3冠馬の器には脱帽するしかない。

f:id:Noburo:20181014182817p:plain

 

3着カンタービレも大外を回して追い込んできているから、この馬も強い。本来は先行タイプなんだろうが。

 

 

秋華賞予想の復習をしておきたい。

予想はこちら↓

【秋華賞 2018】人気の盲点に吸い込まれた馬 - ダークホース研究所

 

まず本命馬◎6.アニメイトバイオは12着でハズレ。ペースが流れなかったのが痛かった。

まぁ流れたとしてもどこまで走れたかは微妙なところだが。

予想のポイントとしてあげた6点に対する結果は、

  • 波乱傾向が強い→波乱起きず
  • ハイペースになりやすく、後方待機馬有利→ミドルペース
  • ミスプロ系、特にキングマンボ系が優秀→アーモンドアイ1着
  • 内枠・外枠の有利不利はない→たぶんそう
  • 秋に1度使った馬しか馬券にならない→アーモンドアイが馬券になる
  • 桜花賞、オークスに出走していなくても勝負になる→2着ミッキーチャーム

で3勝3負。この精度では勝てませんねぇ。

ていうか荒れない時点で勝ちはないんだけど。。。

馬券的には、アーモンドアイから、中間調整が順調にいかなかったラッキーライラックをのぞいた上位人気馬に流すのが正解、という超簡単なレースだった。

当たった人はかなり多そう。

GIはファミリー層に優しくなきゃね!

 

今年は、オークス上位入線馬の離脱が多く、アーモンドアイ、ラッキーライラックがぶっつけ本番という異例のローテーションで、予想がかなり難しい年だった。

そしてアーモンドアイ3冠おめでとう!

ということで総括とさせていただきたい。

f:id:Noburo:20181014184349p:plain