ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【秋華賞 2018】人気の盲点に吸い込まれた馬

アーモンドアイ1強ムードの秋華賞。

たしかに桜花賞、オークスでは最強の競馬を見せた。

それは間違いない。

しかし、今回の舞台は京都2000m。

ウォッカやブエナビスタも取りこぼした秋華賞。

のちにジャパンカップを連覇するジェンティルドンナも苦戦した秋華賞。

何が起こっても不思議ではない秋華賞。

 

そんな秋華賞の舞台で、アーモンドアイ、単勝1倍台前半とは、これいかに!?

 

 

ということで、断然人気のアーモンドアイがぶっ飛んだときにゼニを儲けられるように、軸馬を選定したい。

アーモンドアイのファンの方々には申し訳ないが、彼女には2着以下、できれば4着以下にぶっ飛んでもらう前提で予想を進める。

 

まず、秋華賞の予想ポイントだが、

  • 波乱傾向が強い
  • ハイペースになりやすく、後方待機馬有利
  • ミスプロ系、特にキングマンボ系が優秀
  • 内枠・外枠の有利不利はない
  • 秋に1度使った馬しか馬券にならない
  • 桜花賞、オークスに出走していなくても勝負になる

 の6点が重要であることが、以下の傾向と対策の記事の結論である。

www.noburo-keiba.site

血統的にみれば、毎年ミスプロ系、特にキングマンボ系の血統を持つ馬の好走が目立つ。今年の出走メンバー中、ミスプロ系の該当馬は、

  • 4.ランドネ(母母父ミスプロ系・父母父ミスプロ系)
  • 6.パイオニアバイオ(父キングマンボ系)
  • 10.オールフォーラブ(母父キングマンボ系)
  • 11.アーモンドアイ(父キングマンボ系)
  • 12.オスカールビー(母父ミスプロ系)
  • 14.ゴージャスランチ(母父ミスプロ系)

の6頭。アーモンドアイは除外して、他の5頭から何を選択するかが問題なのだが、本命は◎6.パイオニアバイオに打つ。

父ルーラーシップはキングマンボ系で好走血統条件をクリア。母父が小回り適性の高いゼンノロブロイというのもいい。ていうか、そもそも母親のアニメイトバイオが秋華賞2着の実績がある(アパパネに負けた)。

パイオニアバイオはオークスでは9着だった。しかし、オークス上位入線組が次々と秋華賞を回避したため、今年の秋華賞の出走メンバーをオークス出走メンバーという観点でみると、アーモンドアイ、ラッキーライラックに続くのがこのパイオニアバイオになるのだ。

【オークス 着順】
1着アーモンドアイ
2着リリーノーブル
3着ラッキーライラック(+0.6)
4着レッドサクヤ
5着マウレア
6着サトノワルキューレ
7着パイオニアバイオ(+1.3)
8着ウスベニノキミ
9着オールフォーラブ(+1.6)
10着ロサグラウカ
11着ランドネ(+1.9)
12着シスターフラッグ
13着カンタービレ(+2.1)
※カッコ内はアーモンドアイとの着差

オークスでは、アーモンドアイに1.3秒も離されてしまったが、小回り適性の差、アーモンドアイが秋華賞ぶっつけという点で、少しでもこの秒差が縮まるのではないかと期待する。1.4秒くらい縮めてもらえれば御の字だ。

また、前走の紫苑S組は、

1着ノームコア
2着マウレア
3着ランドネ
4着パイオニアバイオ
5着ハーレムライン

と、こちらも上位勢が秋華賞回避。レースがスローペースで流れた中、ランドネ・ハーレムラインは前目で競馬を進めたのに対し、パイオニアバイオは後方待機から差し届かずという競馬だった。秋華賞は打って変わってハイペースになりやすいGIであり、今回はランドネ、ハーレムラインよりは競馬がしやすいはずだ。

今年の牝馬戦線は離脱者(離脱馬?)が多すぎて力関係が分かりにくくなっているが、パイオニアバイオは完全に人気の盲点に入っており、穴を狙うならこの馬しかないだろう。鞍上の先生も含めて、完全に穴だ。

 

ちなみに、今年のローズSはスローペースの展開で、前で競馬を進めたカンタービレ、ラテュロス、出遅れながらも中段で競馬を進めたサラキアというディープ産駒3頭が馬券になった。秋華賞は逆に差しの競馬になりやすいので、カンタービレ、ラテュロスは軽視、サラキアは有力視したい。

ラッキーライラックは中間調整でアクシデントがあり前哨戦を使えなかった点をマイナスと捉えて、△評価にする。オルフェーブル産駒なので、小回り適性は高そうな気がする。順調であれば、これが本命だったか。

プリモシーンは関屋記念を勝ったものの、マイル色が強く、今回の400m距離延長は微妙。またNHKマイル組が古馬に通用しないレベルだということは、先週の毎日王冠で判明したところでもある。

その他気になるのは、ミッキーチャームとダンサール。前走条件戦組ではあるが、どちらも一流騎手を登板させてきており、勝負気配が見える。よく分からないときは買いの1手だ。

 

【予想印】
◎6.パイオニアバイオ
◯5.サラキア
▲11.アーモンドアイ
△7.ラッキーライラック
△4.ランドネ
△13.ミッキーチャーム
△18.ダンサール