ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【富士S 2018】傾向と対策

今週の土曜日、東京競馬場で行われる富士ステークスの傾向と対策を、過去5年の結果から検討する。

【参考データ】

富士ステークス|2017年10月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com
富士ステークス|2016年10月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com
富士ステークス|2015年10月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com
富士ステークス|2014年10月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com
富士ステークス|2013年10月19日 | 競馬データベース - netkeiba.com

 

血統傾向

f:id:Noburo:20181017144614p:plain

血統的には、ディープ産駒とノーザンダンサー系種牡馬の産駒が◎。
(2017年は不良馬場でのレースだったため、この傾向から外れた)

また母母父(母系の底)にナスルーラ系、特にボールドルーラー系の血統を持つ馬の好走例が多いのも特徴だ。

ペース傾向

f:id:Noburo:20181017144652p:plain

不良馬場だった2017年をのぞくと、すべてスローペースのレースだった。そのため、ディープ産駒やノーザンダンサー系産駒の成績が良いのだろう。基本的には瞬発力の優れた馬が優勢。

配当傾向

f:id:Noburo:20181017144708p:plain

過去5年で1番人気は[2-1-0-2/5]で信頼度はそこまで高くない。3連複は過去5年で万馬券3回。配当妙味を求める作戦は有効だろう。

その他傾向

f:id:Noburo:20181017144726p:plain

前走から距離短縮、または同距離で出走する馬の成績が良い。距離延長で馬券になったのは2013年のシャイニープリンスのみ。

東京マイルはリピーター性の強い重賞レースが多いが、このレースも例に漏れずリピータ性が認められるだろう。

【富士ステークス リピーター性】

  • イスラボニータ(2016,2017)
  • ダノンプラチナ(2015,2016)
  • シャイニープリンス(2013,2014)

シャイニープリンスは14番人気、12番人気という低人気で2年連続馬券になっている。こういうおいしい馬券を取り逃がさないようにしたい。

まとめ

  • 良馬場ならディープ産駒、父ノーザンダンサー系種牡馬
  • 波乱傾向が強く、3連複万馬券が狙える
  • 距離短縮馬有利
  • リピーター性あり