ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【菊花賞2018 予想】先行馬vs差し馬

今年の菊花賞の馬柱をぱっと見て感じたことは、

  1. 先行馬が多いなぁ
  2. ステイゴールド産駒多いなぁ

の2点だ。

まず1点目だが、逃げ馬・先行馬タイプの馬は

  • 1.アイトーン(国分恭)
  • 4.ジェネラーレウーノ(田辺)
  • 5.エポカドーロ(戸崎)
  • 6.メイショウテッコン(松山)
  • 8.カフジバンガード(幸)
  • 10.アフリカンゴールド(松若)
  • 11.コズミックフォース(浜中)
  • 14.グロンディオーズ(モレイラ)
  • 16.ステイフーリッシュ(藤岡佑)
  • 18.グローリーヴェイズ(福永)

と、18頭中10頭も出てくる。自民党もびっくりの過半数確保だ。

逃げるのはおそらくアイトーンだと思うけど、これだけ先行馬が揃えば、ポジション争いはかなり激しくなると予想する。

 

上の箇条書きで()内に騎手名を書いたのは、先行馬の中に若手が攻めていけないベテラン騎手がいないことを確認するためだ。

近年最強の逃げ馬といえばキタサンブラックで異論はないと思うが、騎手が武豊だったゆえに、他の先行馬のジョッキーたちがキタサンブラックを潰しにいかなかったことは事実だ。

あれが中井や菱田などといった若手ジョッキーなら、おそらくバンバン絡まれて潰されていたのではないだろうか。

・・・とまぁ妄想は置いとくとしても、今年の菊花賞は、先行馬に騎乗するジョッキーにレジェンド級のベテランジョッキーがいないので、なんの気兼ねもなく先行争い・ポジション争いができ、レースの流れは早くなるだろうと予想する

 

それと、菊花賞前日の芝レースを見る限り、高速馬場にはなっておらず、むしろ時計がかかる馬場になっているようだ。

キングマンボ系の血統を持つ馬の好走が目立ったことから、ディープ産駒に代表されるようなすがるさというよりも、パワーの必要な馬場になっていると想定する。

レースの流れが早くて、時計のかかる馬場(重い良馬場)、ましてや3000m長距離戦なのだから、必然的に先行馬不利になるはず。

近年の菊花賞(良馬場の高速馬場)では、スタミナタイプよりもスピードタイプの馬が馬券になっているが、おそらく明日、この法則は跡形もなく崩壊するだろう!!

 

ということで、前置きが長くなりましたが、今年の菊花賞は差し馬を狙うことにする。軸馬候補は、

  • 2.グレイル
  • 3.ブラストワンピース
  • 9.エタリオウ
  • 12.フィエールマン
  • 13.タイムフライヤー
  • 15.オウケンムーン

あたりか。

ここからどうやって軸馬を決めるか。

まず菊花賞は関西馬ゲーだ。ツイッター上で見つけた情報によれば、ここ10年の菊花賞の関東馬成績は[0-0-1-44]。これでは関東馬は軸馬にはできない。

これによって軸馬候補は

  • 2.グレイル
  • 9.エタリオウ
  • 13.タイムフライヤー

の3頭に絞られる。で、菊花賞は内枠ゲーでもあるので、それなら必然的に本命は◎2.グレイルで決まりだ。ハーツクライ産駒で京都長距離はバッチリ合う。皐月賞からずっと岩田が乗っているのも大きい。母父はロックオブジブラルタルでマイル戦の名血だから、仮にスピード勝負になったとしても、それほど苦にはしないだろう。

 

対抗はタイムフライヤー。エタリオウよりはスタミナがありそうだからってだけでこちらを選んだ。高速馬場なら全然いらない馬なのだが、今の馬場状態なら馬券になっても不思議ではない。ハーツクライ産駒に母父ブライアンズタイムの配合で、スタミナ勝負はもってこいだ。内枠ゲーの菊花賞で7枠を引いたのは痛いが、先行馬バテバテの展開になれば、差し馬の馬番は、それほど影響しないとみる。

 

3番手はエタリオウ、母父がストームキャット系でスタミナの裏付けがない分3番手とした。

そういえば、冒頭であげた気になった点の2つ目【ステイゴールド産駒が多い】だが、オルフェーヴル産駒のエポカドーロを含めて5頭いる。

かつてオルフェーヴル・ゴールドシップのステイゴールド産駒の2連覇があったが、この両馬は母父がメジロマックイーンでスタミナタイプだった。

一方、今年のステイゴールド系産駒は、

  • 5.エポカドーロ(母父フォーティナイナー系)
  • 9.エタリオウ(母父ストームキャット系)
  • 10.アフリカンゴールド(母父ミスプロ系)
  • 16.ステイフーリッシュ(母父キングマンボ系)
  • 17.シャルドネゴールド(母父ストームキャット系)

と、スタミナタイプとの配合馬が皆無だ。高速馬場ならまだしも、今の馬場ではステイゴールド産駒が走る、という裏付けはなさそうだ。

4番手にはオウケンムーンを挙げておく。関東馬なので馬券になるチャンスはほとんどないが、オウケンブルースリと母父エリシオ(ノーザンダンサー系)の配合で、血統からスタミナは相当なものがあると伺える。北村宏がずっと乗っているのもプラス。大波乱の菊花賞になるのであれば、その波乱の中心になるのは、おそらくこの馬だろう。

【予想印】
◎2.グレイル
◯13.タイムフライヤー
▲9.エタリオウ
★15.オウケンムーン

 

馬券のヒモ(3列目)は総流しにして、高配当を狙いにいく。それが菊花賞というレースだ。