ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【アルテミスS 2018 回顧】姉・ソウルスターリングに続けるか

f:id:Noburo:20181031220939p:plain

1着3.シェーングランツ (6番人気)
ディープ x スターリング系

2着11.ビーチサンバ(5番人気)
クロフネ x サンデー系

3着8.エールヴォア(2番人気)
ヴィクトワールピサ x 二アークティック系

 

【レースラップ】
12.3 - 10.4 - 11.2 - 12.3 - 12.5 - 11.8 - 11.4 - 11.8
前半600m:33.9秒
後半600m:35.0秒
Diff:-1.1秒(ハイペース)

 

レース予想(【アルテミスS 2018 予想】距離短縮の切れる馬 )では、

  • 同距離または距離短縮
  • 前走上がり最速

に注目し、予想印をうったが、前半600mが33.9秒と、想像していた以上にレースが流れたため、末脚がある後方待機馬に有利な展開になり、◯◎▲の本戦で的中。馬券は大圧勝となった。

ちなみに1着~3着馬は前走上がり最速で、今回のレースが距離短縮or同距離の馬だった。

前走上がり最速馬が馬券になる傾向はここ数年続いており、この傾向は来年も使えるだろう。

シェーングランツの上がり3F33.8秒の末脚が目立った。姉・ソウルスターリングは2歳〜3歳春にかけて世代トップクラスの馬だった。この馬も少なくともオークスまでは世代を牽引する存在になるはず。

3着エールヴォアは直線手応えが怪しくなる場面あり。坂がダメなのかもしれない。成長すれば克服するかもしれないけど。

1番人気グレイシアは11着。先行馬不利のレース展開で、3番手先行だったので、この敗戦は仕方がないだろう。田辺から一流ジョッキーに乗り替わった瞬間が狙い目になりそうだ。

f:id:Noburo:20181031222620p:plain

4コーナーの様子。今のところ、東京芝は外伸び馬場になっていて、外に出した馬が有利。

例年通りだと、これから11月末にかけて徐々に内有利に変化してくるはず。

馬場状態の見極めが重要になってくるだろう。