ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【チャレンジカップ2018 予想】格の違い

阪神芝2000mの別定戦になって2年目。過去データは去年しかないので、不採用。純粋に能力・適性で馬券検討をする。

 

メンバー構成的に、格上の◎3.ダンビュライトに期待したい。2歳時からGI戦線で戦っており、崩れたのは朝日杯FSのみ。コース形態の似ている中山での好走歴が多数あり、阪神内回りに対する適性も高いとみる。なにより、これまで戦ってきた相手が違う。GIIIのこのメンバー構成ならモノが違うはずだ・・・気性がまともなら(笑)。

前走天皇賞秋は返し馬で暴走し、戸崎を振り落し放馬→競走除外。ダンビュライトはノーザンファーム産のサンデーレーシングの馬なので、ある程度は騎手を選択できる立場にあるはずなのに、今回の鞍上が北村友なのは、社台グループとしてはエアウィンザー(M.デムーロ)、レイエンダ(ルメール)に勝ってほしいと思っているということなんだろう。あるいは、気性の悪さが上位ジョッキー陣に嫌われてしまったか。

まぁ、なんでもいいよ。ダンビュライト本命は揺るがない。

 

相手は当然レイエンダと、エアウィンザー。ルメール・M.デムーロを擁するこの2頭に阪神2000mに対する重大な欠点があるとは思えない。それでもひねってケチをつけるとすれば、レイエンダは初の関西圏での競馬、エアウィンザーは重賞実績がない点か。ただし、京都新聞杯勝ちのあるステイフーリッシュや、日経賞4着のロードヴァンドール、鳴尾記念3着のトリコロールブルーなどの重賞実績馬が多く、決して安泰ではないはずだ。展開ひとつで圏外も十分あり得るだろう。

ということで、トリガミ覚悟の3連複フォーメーション3-1,2,5,7,8,9,10,11(28点)と3-8-9の3連複(1点)x2を買うことにしたい。