ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【チャンピオンズカップ 2018 予想】負けて強しのJBC

ルヴァンスレーヴが断然の1番人気。生涯成績<6-1-0-0>で連対を外したことがないこと、前走南部杯でゴールドドリームを破っていることと、そして鞍上がM.デムーロであること。この3点が人気を後押ししているのだろう。

しかし、今回の売れ方はさすがに過剰人気と言わざるをえない。

まず前走の南部杯。2着だったゴールドドリームは休み明けで、チャンピオンズカップに向けた叩き台のための出走だった可能性はある。ゴールドドリームの帝王賞→南部杯というローテーションは去年と同じで、去年の南部杯は0.9秒差5着に敗れている。盛岡ダートが合わないのか、あるいは栗東からの輸送がダメなのかもしれないが、いずれにせよ、南部杯でゴールドドリームに勝ったという理由で、ルヴァンスレーヴの評価を著しくあげるのは危険だろう。それに3着メイショウウタゲとの着差を0.7秒しかつけられてないし。

さらにケチをつけるとすれば、ルヴァンスレーヴはこれまで馬群で揉まれた経験がないのに、今回2枠2番を引いてしまったことは、もしかするとマイナスに作用するかもしれない。

ということで、ルヴァンスレーヴは△評価。別の馬から本命馬を選びたい。

 

今回のメンバー構成ではそれほどペースが早くならず、先行馬有利の展開と読む。となれば本命馬は◎9.サンライズソア1択だろう。前走JBCクラシックでは、道中でハイペース(というか乱ペース)になり、後方待機馬に有利の展開になったが、先行馬では唯一サンライズソアだけが踏ん張った。まさに負けて強しの競馬。前走ほどペースが早くならなければ、勝ち負けはともかく馬券になる確率は高そうだ。

 

【予想印】
◎9.サンライズソア
◯8.ケイティブレイブ
▲11.オメガパフューム
★1.アンジュデジール