ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【中山金杯 2019】過去傾向とレース予想

中山金杯の過去5年の傾向とレース予想です。予想の参考になれば幸いです。

中山金杯 過去5年

血統傾向

ステイゴールド産駒キングカメハメハ産駒が好成績です。父ノーザンダンサー系は勝ちきれないものの、17~18年で穴馬を輩出しています。

【ステイゴールド産駒】
18年2着ウインブライト(2番人気)
17年1着ツクバアズマオー(1番人気)
14年1着オーシャンブルー(5番人気)

【キングカメハメハ産駒】
16年1着ヤマカツエース(3番人気)
15年1着ラブリーデイ(4番人気)
15年3着デウスウルト(5番人気)

【父ノーザンダンサー系】

18年3着ストレンジクォーク(10番人気)
17年2着クラリティスカイ(6番人気)
17年3着シャイニープリンス(4番人気)
16年3着フルーキー(1番人気)
15年2着ロゴタイプ(1番人気)

枠番傾向

1枠~3枠が圧倒的に有利という傾向が出ています。7~8枠はここ5年で1頭も馬券になっていません。

f:id:Noburo:20190105071645p:plain

◎:1着馬 ◯:2着馬 ▲:3着馬

ラップ傾向

中山2000m戦らしく、残り1000m地点から11秒台後半のラップが続く持続力勝負になる傾向があります。ステイゴールド産駒やキングカメハメハ産駒が強い理由はこのラップ傾向にあるといってよいでしょう。

f:id:Noburo:20190105072736p:plain

レース予想

今年の中山金杯の本命候補は、

  • 1.タニノフランケル(ND系フランケル産駒)
  • 2.アドマイヤリード(ステイゴールド産駒)
  • 3.コズミックフォース(キングカメハメハ産駒)
  • 4.ランガディア(キングカメハメハ産駒)
  • 5.サンマルティン(ND系ハービンジャー産駒)
  • 8.マウントゴールド(ステイゴールド産駒)
  • 10.ヤングマンパワー(ND系スニッツェル産駒)
  • 11.ウインブライト(ステイゴールド産駒)

の8頭。ブラックバゴ(母父ステイゴールド)、ステイフーリッシュ(ステイゴールド産駒)は7~8枠のため除外しました。あとは選択の問題なのですが、今年は11.ウインブライトを本命にします。ここ3走は大阪杯12着、富士ステークス10着、マイルCSが9着と振るわない成績ですが、ウインブライトは中山でこその馬。巻き返しが期待できますし、近走成績で人気が落ちる今回は狙い目になると予想します。

【予想印】
◎11.ウインブライト
◯8.マウントゴールド
▲6.エアアンセム
△3.コズミックフォース
△2.アドマイヤリード
△12.タイムフライヤー
△5.サンマルティン