ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【AJCC 2019】中山記念、日経賞のヒントを探るためのレース

今年のAJCCはさすがにフィエールマンとジェネラーレウーノで堅そうですね。というか、荒れるシーンが想像つかないです。個人的には、馬券の購買意欲わかないですねー。シャケトラ、ミライヘノツバサの状態がどれくらい戻っているか、が見所でしょうか。AJCCの後も、中山記念、日経賞と重賞は続きますからね。

フィエールマンはディープインパクト産駒で一見中山適性が低そうに見えますが、母方がニジンスキー系で持続力向き。ルメールがわざわざ美浦に来て最終追い切りに騎乗していたくらいですから、陣営のやる気も伺えます。

ジェネラーレウーノは中山で重賞2勝。ハイペースの皐月賞、スローペースのセントライト記念と、どちらも馬券になってますし、中山適性の高さは否定できないでしょう。どちらかといえば、メンバー構成的にスローペース展開濃厚で展開利が見込めるのと、フィエールマンには出遅れ癖(2、3走前)がある分ジェネラーレウーノが本命でしょうか。

 

堅いと予想したからには大勝負はすべきではない、というのが自分の馬券スタンスです。3連単フォーメーションで1,4→1,4→6,7,8の6点(100円)だけ購入しようと思います。ダンビュライト、サクラアンプルールがきたらゴメンなさいということで...。

ヒモの6.ミライヘノツバサ、7.ステイインシアトル、8.シャケトラはどれも中山適性が高いと評価できる3頭。この3頭を3列目に置いた上記の3連単馬券は、今のところどの買い目も50倍を超えそうなので、堅いなりにまぁまぁの配当が得られるかと思います。

【予想印】
◎1.ジェネラーレウーノ
◯4.フィエールマン
▲8.シャケトラ
△6.ミライヘノツバサ
△7.ステイインシアトル