ダークホース研究所

すべての現象には理由がある。競馬で番狂わせが発生するのにも理由もあるはず。番狂わせを引き起こすダークホースを発見することが勝利への近道!

MENU

【根岸S 予想】買いたい馬より消したい馬が多いレース。

◎1.クインズサターン
東京ダート戦でとにかく穴を出すダートの名血・パイロ産駒のクインズサターンが本命です。今回は得意の東京に戻り、なおかつ距離短縮で条件が好転。2走前の武蔵野S(2着)くらい走れればチャンスありとみます。枠が枠なので直線詰まって競馬にならないか、最後方から大外ブン回してまったく届かず...みたいな場面も想定できますが、この人気であれば、むしろ買いだと判断します。武蔵野Sみたいにサンライズノヴァの後ろにくっついていくような競馬をして欲しいところですね。それで4着以下なら諦めます。

対抗は当然ながらサンライズノヴァ。人気を被っていますが、近走成績東京実績<6-3-0-2>をかんがみれば、この人気は仕方のないところでしょう。前走は距離延長、展開不利による6着なので、度外視してOKでしょう。

3番手以下、今回が距離延長にならないサトノファンタシーユラノトメイショウウタゲを評価します。メイショウウタゲは人気がありませんが、2走前の南部杯でルヴァンスレーヴから0.7秒差の3着に入ってることを思えば、評価は必要でしょう。

 

・・・といろいろ書いてきましたが、どちらかといえば買いたい馬より消したい馬が多いんですよね。

まずコパノキッキングですが、この馬はダート1000m~1200mで実績のある馬で、1400m戦では勝ち鞍がありません。得意条件ではない1400mへの距離延長で、今回は厳しいレースになると予想します。

次にマテラスカイ。この馬に関してはとにかく馬場状態が重要で、時計が出ないパサパサの重いダートではパフォーマンスを下げる特徴があります。1400mへの距離延長もマイナスでしょう。

ケイアイノーテックも消し。母馬がダート重賞馬だとしても、やはりディープ産駒ではダートの重賞は通用しないと思います。外枠を引いて重馬場なら...とも思っていましたが、パサパサのダートではさすがに厳しいでしょう。

これらの人気馬が飛んで、クインズサターンが3着以内に入ってくれたなぁ~という感じの予想です。

 

【予想印】
◎1.クインズサターン
◯12.サンライズノヴァ
▲3.サトノファンタシー
△2.ユラノト
△13.メイショウウタゲ
△6.モーニン
△15.キタサンミカヅキ